ホームインフォメーション > ZEH(Net Zero Energy House)の普及に向けた取り組み

ZEH(Net Zero Energy House)の普及に向けた取り組み

ZEH(Net Zero Energy House)の普及に向けた取り組み
ZEHビルダー・マーク
 

ネットゼロエネルギー住宅「ZEH」とは

 
Net Zero Energy House
(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
 
ネットゼロエネルギー住宅「ZEH」とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を略した呼び名です。住まいの断熱性能や省エネ性能を向上し、さらに太陽光発電などで生活に必要なエネルギーを創り出すことにより、年間の一次エネルギー消費量を「ゼロ」以下にする住宅を指します。
 

ZEHの家を建てるには?

ZEHを満たすには断熱・省エネ・創エネの3つ
 
1外皮の断熱性能の大幅な向上

断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫流率)」という指標で表されます。
ZEHの基準では、4~7地域のUA値が0.6[W/m2K]以下という数値でのクリアが求められます。

2大幅な省エネルギー

住宅に省エネ効果の高い設備を導入し、一次エネルギーの消費量を従来よりも20%以上削減することが求められます。

3創エネルギー

創エネとはエネルギーを作り出すことです。太陽光発電をメインとして家庭用燃料電池や蓄電池などを組み合わせて導入します。

 

ZEHを導入するメリット

 

  • 健康への好影響が期待できる
  •  断熱性能が高くなると、居室間の温度差が小さくなります。温度差が小さくなることでヒートショックとなるリスクを防ぐことが期待できます。

  • 快適性が向上する
  •  高い断熱性で省エネが実現できるだけでなく、夏は涼しく冬は温かい快適な生活が送れます。

  • 光熱費の削減につながる
  •  断熱性が高いため、エアコンなどの冷暖房効果の低下が少なく、光熱費の大幅な削減が見込めます。

  • 災害時でも安心
  •  災害時も太陽光で発電した電気が使えて安心。更に蓄電池も導入すると、昼夜問わず電気を使うことができます。

  • 住宅の価値が上がる
  •  2016年からBELS(建築物省エネルギー性能表示)という制度が施工され、BELSの評価は住宅の資産価値に大きく関わるものになります。ZEHはBELSの評価の星4~5つの高い評価を得ることが出来、住宅売却の際、購入希望者への印象も良く、希望通りの売値で売却できる可能性が高まります。

  • ZEH支援事業として補助金がもらえます
  •  補助額60万円/戸(①ZEHロードマップにおける『ZEH』の定義を満たしていること②SIIに登録されているZEHビルダー/プランナーが
    関与(設計、建築、改修又は販売)する住宅であること)
     ※補助対象住宅に蓄電システム(定置型)を導入する場合は2万円/kWh、補助対象経費の1/3又は20万円のいずれか低い額を加算

 

ZEH普及目標

 

2020年度実績 2021年度実績 2022年度実績 2025年度目標
ZEH 0% 0% 7% 50%
ZEHの省エネルギー性能住宅 94% 50%
合計 0% 0% 100% 100%

年度実績または年度目標 ZEH ZEHの省エネルギー性能住宅 合計
2020年度実績 0% 0%
2021年度実績 0% 0%
2022年度実績 7% 94% 100%
2025年度目標 50% 50% 100%

 

2025年度までにZEH普及率50%を目指すために

 
【ZEHの周知・普及に向けた具体策】
自社ホームページや広告にて、ZEHによる省エネ性、光熱費削減について周知・普及に努めます。
 
【ZEHのコストダウンに向けた具体策】
ZEH基準の標準化を行ないました。断熱材の種類や施工方法についての情報を更新し、少しでも低価格でZEH基準の建物を建てていけるようにします。太陽光発電の設置については、購入にこだわらず、さまざまな角度から提案できるように努めます。
 
【その他の取り組みなど】
カーボンニュートラルの実現に向け、ZEH、LCCM住宅等の知識向上を図り、お客様へわかりやすく提案できるよう努めます。
 
 
ZEHビルダー・マーク
 
 

CATEGORY カテゴリ

ARCHIVE アーカイブ

お問合わせ・資料請求・見学予約 お問い合わせはコチラから
                                       
見学予約資料請求